スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出話②

Noahに加入して1日後、同盟内に衝撃が走る

剛田「競合取ったら戦争だ!」
(´-`).。oO(実際どう言ったかは忘れた…ニュアンスはあってると思う
この時、公式ブログの存在を知った。

それ以降、Noahでも本格的に砦攻略開始
その時に、戦力外通告を受け、一時Noah支部へ異動
この支部異動から、剛田との戦争になる前まで、全然覚えてないヽ(°▽、°)ノ
ただひたすらに、農耕をしていた気がします…
その後、Noahでも支部受け入れ態勢が整い、大同盟へと成長

ここら辺から、Noahがだんだんおかしくなってきたかなと思います。
聞くところによると、Noahは複数の同盟が集まってできたら「らしい」ので
情報が元の同盟員だけ知らされていたり、幹部陣が情報漏えいを恐れて秘密主義に走ったりと・・・
その結果、エンコウさんとの密会がバレ、いいように解釈され、戦争となりました
そして今に至る…惨敗です


戦争になってしまった原因と、惨敗した原因はなんだろう…?

戦争になってしまった原因は、一人の同盟幹部による暴走ですかね。
それまで秘密主義で来ていた幹部陣なのに、なぜかエンコウ盟主との会談を独断(?)で行ったせいではないかと
見事にエンコウ盟主の罠にはまり戦争口実を与えてしまった
まあ、遅かれ早かれ戦争をしないわけにはいかないと思ってはいたけど、剛田が入ってこない戦争がしたかった
残念だけど、来期以降ガチな戦争ができることを祈る。

次に惨敗した原因…

これは幹部の秘密主義しかないでしょう
本来やるべき戦争が近づいている時も、戦争はあるけど相手は教えない(情報漏えい防止の為)
剛田との戦争になった時も、戦争になった経緯は知らされていなかった
これでは、同盟員の士気はあがりませんね…
剛田から宣戦布告を受けた時はむかえ盆の時でしたから、それがさらに戦争参加者を少なくさせました
お盆に戦争を始めるあたりが、剛田らしいとは思いましたけど、それでも、あらかじめ戦争に至るまでの経緯等の
説明があれば、お盆中でもブラ三の戦争を優先してくれた人が出たかもしれないですし
戦争始まってすぐ降伏者が続出することもなかったかもしれない。
でも戦争中に、1回だけ光明が差した時があった…Noah側で参戦してくれる同盟がいるとのこと
まあ、口だけでしたが…

最後まで降伏しなかったワケ

一つは、戦争相手にてんてんが参戦したこと。
戦争が始まる前あたりに、てんてんの公式ブログで、Noahの盟主を名指しにした痛烈な批判がありました
(批判というよりは、侮辱に近かったですけど)
Noahに拾っていただいたころから、この盟主ならついていける!と思っていたので
あのブログを見た時に、てんてんともし戦争することがあれば、最後までついて行こうと思ってました
結果として、何の役にも立たなかったけれども、抵抗するということは、少しは敵もこっちに戦力を割いてくるので
そういった意味では、多少なりと貢献できたかもしれない…

もう一つは、1期の間についていく盟主は一人(システム的に無理だったけど)ということ
たとえ弱かろうが、盟主にとって降伏せずに最後まで戦ってくれる人はありがたいと思います。
だから、盟主が降伏しない限りは、最後まで抵抗しようと考えてました
配下になってからも、救出は待っていましたが、その間に盟主が落とされてしまったので
今回の私の戦争はそこで終わりとなりました

ブラ三回顧録③思い出話③へ続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

玉伍長

Author:玉伍長
ブラ三(玉伍長)

主にブラウザ三国志とMTGを中心にやっています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
観客
参考リンク
戦国IXA・攻略ブログ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。